注目の人物

2018.05.28

リモートワークでエンジニアとして活躍している人物!!松原 恵太氏にインタビュー。

ヴァンテージのエンジニアとして活躍している、松原氏にインタビューしました。
富山県に住んでいて、リモートワークとして、ヴァンテージにジョインしています。

ぱぱやん3ー前職でやっていた事を、簡単に自己紹介して下さい。
松原:前職はサーバのホスティングサービスの会社でした。
主にやっていたことはそのホスティングサービスのサポートツールの開発や自社サービスの開発(設計・インフラ構築からバックエンド・フロントエンド開発まであらゆるフェーズ)や、アプライアンスサーバの開発(ロードバランサや透過型ファイアウォール・VPN・メールスパムフィルタなど)に従事しておりました。

ーそこから転職して、ヴァンテージへ入社したきっかけを教えて下さい。
松原:前職の仕事ではやりがい・面白みもありました。
全国のお客様に自分の作ったものが利用されているのは非常に嬉しいことでした。
しかしエンジニアとしては物足りない部分もあったのは事実で、
安定性の面から技術選定を古い技術スタックに寄せなければいけないということもあったりしました。

この事から、ヴァンテージへの入社を決めたきっかけ・決め手は以下の2つです。
最新の技術スタックを扱える・導入できる環境であるという事と、
個人的なキャリアプランはエンジニアというよりは技術をビジネスにブリッジするというのを考えており
開発だけにとどまらず、自分で組織・環境を作るという事に携われそうだった、という事です。

ぱぱやん2ーヴァンテージに入社して驚いた事は何ですか?
松原:クオーターごとの熱狂的なV.I.Pですね。
とても面白いし楽しくてしかも毎回進化していていつも楽しみにしています。
前職ではそういったイベントは1年に一回ほどであることと、バックヤードの人員が多かったこともあり
淡々としたものだったので、驚きました。
仕事も「超やる」、遊びも「超やる」というヴァンテージの社風が現れていると思います。

ー入社したときと現在の自分を比べて違う点は何ですか?
松原:入社したときはエンジニアというキャップを被って思考していましたが、
今は、そのキャップは半分くらいしか被っておらず、その上のレイヤーで俯瞰して思考するようになったことです。
もちろん、エンジニアリングする以上はエンジニア的な思考は持ち合わせなければというのもありますが、それ以上に技術をビジネスにブリッジしていくという意識が強くなりました。

ー毎日の仕事で意識していることは何ですか?
松原
:ヴァンテージの行動指針を意識して仕事をしています。
・裏付け
・真っ当
・自責
・是々非々
・即!
自分の机にも貼ってあり、常に意識してます。
上記の行動指針に則って仕事をするためにも、健康でなければそれが出来ないので、健康には特に気をつけてます。

ー最も、スピード感を感じたエピソードを教えて下さい。
松原:何事にもスピードを重視していて、ヴァンテージの行動指針にも「即!」というのがあり
コミュニケーションのいたるところで「即」という言葉が出てきます。
各々が「即」を意識しているので何においても、レスポンスが早い。
そのためこれといったエピソードがないというか、全ての物事においてスピード感を感じていますね。

ー今、新規事業を開発している中で、楽しいこと・難しいと感じることなど、率直な意見を教えて下さい。
松原:自分はリモートでの勤務をしています。そして開発メンバーもほとんどリモートです。
リモートが前提で開発できるようにツールを工夫しているのですが、リモートであるためにコミュニケーションが十分に取れていないなと思うことがよくあります。(新規事業の開発だけの話ではないですが…)
やはりフィジカルなコミュニケーションには上質なコミュニケーションを取ろうとするなら敵わないと感じています。
とはいえ工夫やアイディアによってカバーすることも可能ですし、リモートならではのメリットもあります。
良いところは伸ばしつつ短所をカバーして開発しています。

ー直近の目標を教えて下さい。
松原:目標というよりはMUSTで達成しなければいけないタスクではありますが、
6月末までにクローズドβをリリースすることです。

ぱぱやん~余談~
普段、メンバーからは”ばらやん”とのあだ名がありますが、この写真を送って頂いた際に”ぱぱやん”とあだ名を改名(笑)
お子様との素敵なツーショット写真です。


 

…インタビューに戻ります。

ーヴァンテージのどういうところが一番好きですか?
松原:チャレンジングで変化を厭わないところが好きですね。
ヴァンテージに入社することで自分の意識が大きく変わりました。
エンジニアは納期や工数について責任を持つので、工数がこのくらいかかるから難しいというようなBecause Noという考えになりがちで、以前は自分もそのような思考に陥りがちでした。
今では難しいがこう考えると可能であるとか、こうしたらもっとよい、というポジティブでチャレンジングな思考に変わりました。
自分も同様にポジティブにチャレンジしていきたいと思います。

ーヴァンテージでの仕事以外に夢中になっていることはありますか?
松原:プログラムを書いたり新しい技術を試したりするのが好きなので、その日の仕事が終わった後もプログラムを書いていたりしています。
他、最近は地域のお祭りで使う行燈・山車の制作をしています。
具体的には竹細工したり紙を貼ったり絵を書いたり色を塗ったりしていてけっこう楽しいですね。

ー休日の過ごし方を教えて下さい。
松原:平日と同じ時間に起きて日中は子どもと公園に遊びに行ったり家族でショッピングに行ったりしています。
子どもが寝たら趣味でプログラム書いたり新しい技術を試したりしています。
一緒に子どもと寝てしまうこともありますが…。

ーオススメの一冊を教えて下さい。
松原:たくさんありますが一冊をあげるとするならエンジニアにとっての必読の一冊である「リーダブルコード: より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック」ですね。
見やすい・保守しやすいコードを書くためのルールについて書かれています。
行儀のいいコードで書くと、長期的に見てメンテナンス工数を下げるので非常に大事です。

ーヴァンテージの知ってほしい事があれば1つ聞かせて下さい。
松原:社員が働きやすいように色々な仕組み・制度があることですね。
非常に助かっており、それらのおかげで「超やる」環境が整っていると感じています。
これらの仕組み・制度はもっと知られるようになったらいいなと思いますね。


 

いかがでしたでしょうか。ヴァンテージ唯一のリモートワーカーである、ばらやんのインタビューでした!
インタビューや採用に関するお問い合わせはこちらから

⏩⏩⏩お問い合わせフォーム⏪⏪⏪

あわせて読みたい記事はこちら!

IMG_5709 (1)

前職はメガバンク、リファラル採用で入社した三井薫子氏にインタビュー!

8B2EF55A-B0C2-4645-BD0A-B63A2661D597

新しいメンバーを歓迎する!ヴァンテージ流コミュニケーションとは?…

s_森

ヴァンテージマネジメント、オフィス緑化計画!