風土・文化

2018.06.06

ヴァンテージが考える、女性の働きやすさとは。

「女性の働きやすさ」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

社内の環境が整備されていて、働く女性にとって嬉しい制度がある会社でしょうか。
それとも「男女」による格差がなく、フラットな会社でしょうか。

例えば、未婚・既婚・子供がいない家庭・いる家庭、どの立場にいる女性にとっても『働きやすい環境』があれば理想ですが、現実ではどこかにしわ寄せがきたり満足がいかなかったりと難しい課題ではあります。

 

「働きやすさ」のという観点ではでは、有給休暇取得傾向のほか、残業時間や平均賃金、退職後の再雇用制度といった待遇面に加え、勤務形態の柔軟化に関する制度やインセンティブ向上への制度、満足度、評価基準公開といった項目を設置。普段から納得して自分が望む形態で働ける環境が充実しているか、透明度は十分かなど、働き方改革と呼応する内容も目立ちます。

参照:https://workstyle.ricoh.co.jp/archive/woman-workstyle.html

ヴァンテージが考える女性の働きやすさとは


現在ヴァンテージマネジメントでは社員の約3割が女性となっています。
『超やる』をヴァンテージスピリットとして掲げ、全員が業務も遊びも全力という環境ではありますが、昨年対比で女性の割合が180%と大幅に増加しています。

その背景に迫ります!

 

制度や環境について
昇進・昇給に男女差は一切ありません。
もちろん国籍も学歴も問わない、フェアな環境です。

例えば、環境については社員70%以上が利用している『Comin’Room(仮眠室)』に女性専用のベッドルームがあります。

S__14655492

 

メイク直し等が多い女性に嬉しい、お手洗いに小さな個人ロッカーも設置しています。

S__14655493

 

結局は【男女に関わらず優秀な人材がのびのびと働ける環境を創る】ということ

ヴァンテージには、理想の会社はこの手で創る、という思想があります。
『世界を”エナジー”する』というミッション実現するため、優秀な人材を募っています。
その優秀な人材が働きやすい環境・また興味を持ってもらえるような制度を創り上げること・またそういった環境を創り上げたい!という意思を持つメンバーを集めることが大切です。

今回は【女性の働きやすさ】という点に着目し、制度や環境をご紹介しました。
ですが、ヴァンテージが目指す場所としては【男女に関わらず優秀な人材がのびのびと働ける環境を創る】ということです。
その環境を創っていった結果、女性も働きやすくなったというところです。
ヴァンテージはまだまだ発展途中で制度も環境もより良くしていくことができます!

こんなヴァンテージが気になる、一度会社を見てみたい!という方はぜひこちらよりお問い合わせください!

 

あわせて読みたい記事はこちら!

IMG_0600

自分を変えたい!その結果夫と同じ会社へ…

s_DSC_0819

面談でよく聞かれることを自分にインタビューして整理してみた😆

jai

文化を体現する。10期3Qベストエナジスト「志村恵」にインタビュー