風土・文化

2018.05.31

ヴァンテージ流行動指針【自責】編

 

ヴァンテージマネジメントの行動指針

【自責・裏付け・是々非々・真っ当・即!】

があります。

社員インタビューの中でも何度も『行動指針』という言葉が出てきていましたが、今回はこの中から【自責】について取り上げます。

自責思考とは「何か問題やトラブルが起こった時に自らに原因があるとして、自らの改善を試みる傾向がある思考」のことを言います。自責思考の人はミスを起こしてしまったとき、次に同じ失敗をしないように自分の行動を振り返り、改善することを主として考えます。
参照:http://and-plus.net/self-condemnation-and-extrapunitive/

ヴァンテージ流【自責】

 

acbe938177164d15286ef5ee5e60a041_s


自責

なぜ、この結果になってしまったのか。
ビジネスにおいて、数字や行動を振り返る場面が多々あるかと思います。
その原因を一旦自分に置いてみる、その思考が『自責』です。

ヴァンテージマネジメントが『自責 』を行動指針に置いている理由として
・誰かのせい(他責)にすることは簡単であるが、それでは何も変わらない
・どんなことでも一旦自責と捉えることで、頭をフルに働かせ、現状を打破する方法を探す
ということです。

それでもいきなり自責思考と言われても難しいかもしれません
ヴァンテージの代表である中山はこのように言っています。

『日頃から自責思考をクセづけよう』

ビジネスにおいてだけではなく、自分の身の回りで起きたことに対しても一旦自責と捉える、ということです。
あくまでも自分を責めて思い悩むということではなく、何かできなかったの、
こうすれば何か変えることができたのではないか、と考えるクセをつけるということです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
自責ということを意識していくと、責任感や信頼にも結びついていきます。

ヴァンテージではオフィスの色々な場所に行動指針を掲げ、常に意識できる環境です。
こんなヴァンテージが気になる、一度会社を見てみたい!という方はぜひこちらよりお問い合わせください!

あわせて読みたい記事はこちら!

スライド32

代表直伝!ヴァンテージに伝わる日めくり語録の紹介第六弾(26~31)

S__4538491

ヴァンテージのオリジナル制度、『初成約祝い会』をレポート!

s_main03.fw

『wonder 3.0』リリース後のメンバーに取材してみたPart1