注目の人物

2018.10.31

5年目にして(実質)初受賞!ヴァンテージマネジメントの11期第1Qのベストエナジストは本当に問題児の野口勇気!

こんにちは!

 

Hawaiiから帰ってきたら旦那が肉まんくらい丸顔だけど自分も丸いからそんなに言えません野口彩香です。

 

当社ヴァンテージマネジメントでは、四半期に一度、VIP(表彰式)を行います。

11期の第1Qは、あなたが一番でした、とベストエナジストと呼ばれるMVPも決定します。

そして11期の最初のMVPは、

5年間の在籍期間でおかした過ちは星の数、

よく舞い戻ってまいりました野口勇気、が獲得致しました!

 

この野口氏、何を隠そう私の旦那です。

本当にいろいろあったよ・・・。

そんな野口氏にインタビューしてみましたので、ぜひ御覧ください。

 

勢いを大切にする野口氏のインタビュー。

 

Q. まずは、ベストエナジスト獲得おめでとうございます!
受賞の要因を教えて下さい。

 

野口:メンバーの達成にこだわり、

チームを連続達成させたからではないでしょうか。


一番オフィスでうるさかったと思いますし、
メンバーに怒鳴ったこと、

机を殴った事もありましたね(笑)

※だめですよ。


そんな中でメンバーが活躍してくれたからベストエナジストを取れたと思います。

 

怒鳴ってることありましたね・・・笑
Q. 達成するにあたって、意識したことを教えて下さい!

 

野口:まーやっぱりカリスマ性じゃないでしょうか。

※意味がわからない。


冗談です(笑)やっぱり、基本(を守ったこと)ですね!

・期限を守る

・すべて前倒し

・メール全部読む

とか。

 

つまり、メンバーが攻撃に行きやすい環境をいかに作ってあげるかですね。

例えば、

戦争で攻められてる中で武器を手にしてなければ攻撃できないっすよね。

武器をいかに手にしておくか。

武器をもって突進するだけにいかにしておくか。

ここを意識してたっすね。

※意味がわからない。

 

Q. 11期第2Qの意気込みをお願いします!

 

野口:意気込まないです。
Qって3ヶ月じゃないですか?
12ヶ月で4回意気込まないと行けないのはきっついですね。

普通にします。
やる事をやり続けないと勝てないし、

上の人よりも努力しないと、

上には絶対にいけない。


ただ、それだけなんです!


走れメロスですね!

1時間ダッシュしてもメロスは間に合わないわけですからね。
走り続けるのみ!!

 

※意味がわからない。

 

Q「責任者を育てるターン」といったスローガンで今Qは走っていますが、

生み出せそうですか?

野口:生み出せそうではないが・・・。


生み出す!!!

先輩方に生み出してもらってんだから己も生み出す!!
そう、そういうことですよ!


悪戦苦闘しながらでも、生み出す!

※野口氏、すぐ天狗になりますので取扱要注意。

 

Q. 最後にヴァンテージマネジメントの環境でしか出来ないことや、覚悟を教えて下さい。

野口:円形脱毛できても良ければヴァンテージへ!笑
実際、僕もできましたからね。。笑

※野口氏以外聞いたことありませんし、

過去に悪いことした自業自得のやつなのに、さもみんなそうだよね、のように言う野口氏。

 


ただ、

何をしたい、

どうなりたい、

自分が何をしたらおもろいか、だと思いますね。

 

僕もストレスでハゲたり、

毎日嘔吐したり、

唇が紫になったりしながら、
約5年働いて来ましたけどね、おもろいんですよね。

※すべて自らの悪さ起因。

 

やはり最初からうまくいく人はいない!

順風満帆とは決していかないんですけど、
それでも立ち上がる人と戦いたいですよね。


キングダム風にいうと飛信隊的な。
そんなチーム、民族がおもろいなと思います。

全然僕なんか鼻垂れ小僧ではあるんで偉そうにいえないですがね。。笑

※そらそうだ。

野口どや顔

※野口氏、定期的に不動産の方だと思われます


いかがでしたでしょうか。

インタビューの通り、

野口氏、入社当時から決して優秀な社員ではありませんでした。

 

ヴァンテージマネジメント史上一番低い偏差値で入社後、

様々な、やってはいけない、と言われたことを網羅するダメ社員のお手本のようなヒトでした。

 

それでも彼がここまで文字の通り、這い上がれたのは、

他とは違う、諦めない、という能力があるからです。

 

一時の努力は出来ても、それを継続することは簡単ではありません。

だからこそ、おそらく一番回り道はしても、

5年積み上げた努力でついに全社MVPを受賞しました。

ビジネスはマラソンです。

この先、その努力を10年、20年、50年、100年と積み上げたとき、

どこまでいけるのでしょうか。

 

新卒入社でまず経験することは徹底的な挫折。

レベルの高い組織に入ろうとすればするほど、

そこからは逃れられません。

 

だからこそ、あらゆる挫折を経験してそれでも全社MVPを勝ち取れるんだ、

という事例が、どれだけこのあとの後進に影響を与えるかは計り知れません。

そんな野口氏の成長と後進への影響を私も楽しみに見守りたいと思います!

天狗にならないよう見張りながら・・・。

 

 

5年でも10年でも走り続けてやりますわ!そうじゃないと生きている意味がないんだ、という少年ジャンプの主人公のような方の入り口。

あわせて読みたい記事はこちら!

プレゼンテーション1

ヴァンテージ歴丸7年の私が感じるヴァンテージの進化

まおっぴ

時短制度や子育てのバックアップを利用しながら、働くママ社員にインタビュー

盾1

ヴァンテージのVICTORY Spaceとは・・・?