注目の人物

2018.05.25

NSPを経て4月からセールスとして日々奮闘する木村沙和子氏にインタビュー

1年間のをNSPを経て、4月から社員となった木村沙和子氏。

人事からセールスまで既に幅広く業務する彼女に迫ります!

 

IMG_5838

LINEのレスがとにかく早い!

-ヴァンテージに入社して驚いたことはありますか?

LINEのレスが返信がとにかく早いことですね。
送信した瞬間に既読がみるみるうちに増える様子は、始めはなかなか慣れませんでした。

 

-働いていて、スピード感を感じたエピソードはありますか?

NSPをやっていた1年間の中で、組織の体制がガラッと変わりました。
突然カンパニー制が始まったと思ったら、最近も新たにpostoカンパニーが誕生するなど変化が目まぐるしいです。

変化した点は数字で考えられるようになったこと

-入社したときと現在の自分を比べて違う点はありますか?

数字で考えられるようになった点だと思います。
学生時代は音楽学を専攻していたこともあり、コンサートの企画・運営に携わっていました。その中で例えばコンサートの集客が悪かったとしても、まあしょうがないよね、多分天気悪かったからだよ、みたいに考えていて数字や率で考えるということは全くなかったですね。

でもヴァンテージに入って原因分析を必ずすることで、「なんとなく」とか「肌感覚」といった主観的な指標が減ってきました。ですが、まだまだ甘いのでレベルアップしていきたいです。

 

IMG_5839


-ヴァンテージでインターンを経て入社したことによる良かった点はありますか?

学生であり社会人である、という身分を活用できた点です。
「情報を取れ」とヴァンテージではよく言われますが、どうやって楽しく情報を取れるかな、と考えた結果、アプリや合コンなどの機会を利用し、多くの経営者さんとお話する機会をもらいました。その時に「ベンチャー企業でインターンとして働いているんです」と言うと興味を持っていただけることが多く、美味しいご飯と生の情報を得られたことが良かった点ですね。あとはいい意味で壁にぶち当たれましたね。何で私のココを評価してくれないの?!ってNSPの時は思いながら仕事してたんです正直。でも、その部分って、全然成果になってなくて。人事なので採用がゴールだったんですよね、そこに繋がってない部分を無駄に誇っていて。「いや、私何も結果残してないやんけ~」って俯瞰できるいい機会になりました。ここからがスタートです

-同じ新卒メンバーに負けない点を教えてください!

人懐っこいところですかね。
初めて話すお客様からも、すぐに笑いを引き出すことができていると思います。

ただ、それが結果につながっているわけではないので、その強みを生かして結果につなげる方法を模索中です。

結果で負けない事を目指します。

 

ヴァンテージだからこそ、実現できること。

IMG_5833

 

-直近の目標を教えてください。

インターン時は人事を担当していたのですが、社員となった現在はセールスを担当してます!
お客様からヴァンテージを信頼し、投資資金を預けていただくことを目標に日々動いています。現時点では目標を達成できていないので、まず達成することから。

なるべく早くお客様から投資資金を預けていただける人間になります!

 

-最後に。ヴァンテージについて知っておいて欲しいことがあれば1つ聞かせて下さい。

外部で言ったら「そんなこと言って(笑)できるわけないじゃん!」と馬鹿にされるようなことも、本気で受け止めてくれる、いわゆる【意識が高い】組織です。
そこが好きな部分であり、組織に所属する上で辛い部分でもあるのですが(笑)

でもヴァンテージにいるから、本当に実現できると信じられるのだと思います。

 


 

ありがとうございました!
日々奮闘する木村氏の貴重なお話を聞くことができました!

 

こんなヴァンテージに興味がある方は、ぜひこちらよりお問い合わせください!

あわせて読みたい記事はこちら!

つよさn

プライドの使い分けを!!柔軟に対応する意味とは!?

s_会議室

窓なしオフィスから始まったヴァンテージのオフィスの歴史

すく

失敗して気がついた。新卒3年目チーフが語る、マネジメントで見過ごされがちな視点について!