コミュニケーション

2018.06.15

自分のキャパシティの限界を超える!!その経験から語り伝える事とは!?

【書き起こしシリーズ】リーダーズ
「自分のキャパシティに限界つくるな」
のぐぐ
野口:今日は、「自分のキャパに限界をつくるな」というお話をできればなと思います。
日々、タスクですとか、お客様の案件をみたり、架電をしたり、リストをつくったり、、、やる事は多々ある中、もうこれ以上出来ないという限界値を自分で定めるのは辞めましょう!という話ができればと思います。

今から2年前のwonder立ち上げ(通称:山賊団)の話をしますね。
当時、パートナーの時はチーフだったんですけど、wonderに異動という時にメンバーに落ちまして(笑)なので、メンバーでの山賊団スタートとなりました。

その時、大体20社ほどクライアントを担当してましたが、それだけだと目標達成が見えてこないので、新規営業の動きもしてました!リストを作って、架電をして、アポを頂いて、営業をしにいくというのを当時は毎日取り組んでいました。

また、wonderの立ち上げに際して、wonderのアカウント管理作業も行ってました。
ただ、当時はリストアップ目標を80件と決めて、当時新卒だった2人と一緒の席に座って大体25時とか26時とかまでやってたので、そこからwonderタスクに取り掛かるみたいな事を毎日やっていました。

当時は明らかに自分の限界値とういうか、キャパを超えてたな、、、と。(笑)ただそこを乗り越えたので、なにかに直面しても「あの時よりはきつくない!」と思えてより難しい課題に挑戦できますね。

また、「より効率的にできるようにするには」と考えるようになりました。そういう自分のキャパを超えた負荷をかけた経験があることで当然ながら、自分のペースで仕事をしていても追いつかなくなるのでどうやったら効率的に仕事が回るかという発想をもつ事が出来ます。ここ、非常に大事なポイントです!
自分のペースで仕事をして、もう私はここまでしか出来ない!と限界を定めている人は現状を変えにいかない人が多いんですよね…
そうなると結果的に皆が成長していく中で取り残されたり、思ったより成長しなかったりとか、そういう状況が生まれてしまうと思うので

まずは基本受けられる仕事は全部受ける気概を持ってやる!というくらいの意思を持って、自分のキャパを広げていって下さい。
10期、最後クォーター、今月終わってVIPも控えてます。
終わりよければ全て良しではないですけれど、今月めちゃくちゃ暴れまくってやっていきましょう。


いかがでしたでしょうか。
キャパシティを狭めていいことは、ないですよね!

ヴァンテージへの、インタビューや採用に関するお問い合わせはこちらから

⏩⏩⏩お問い合わせフォーム⏪⏪⏪

あわせて読みたい記事はこちら!

s_20180402-DSC_0855

【内定者インターンというよりも、早めの新卒入社?】ヴァンテージの制度『NSP』とは?

1525774285084

みんなが気になっているヴァンテージ情報を勝手にランキングしました

【記事】めぐさん

新卒3年目で10人以上をみているコンサルマネージャーの志村さんはこんな日常を過ごしている。